システム・オプション

Software

SPC/トレーサビリティシステム

QD Analyzer

生産ラインすべての装置の稼働状況や検査結果を収集、統計的に分析することで生産性向上に貢献します。
また、検査結果や基板画像を保存しトレーサビリティ構築をスムーズかつ確実にします。

特徴

生産ライン全体のパフォーマンスをモニタリングすることで設備の稼働状況、ロット進捗を把握することが可能です。

統計データを表示することはもちろん、装置のOEE(総合設備効率)指標および検査結果の傾向分析を行うことが可能です。

部品ごとの検査結果を集計し、多彩かつ詳細な情報をもとにNG・過剰判定の原因分析を行うことが可能です。

SAKI QUALITY DRIVEN Production solution

カタログ ダウンロード フォームは
こちら
製品情報 TOPへ